Home > スポンサー広告 > チャールストン(F)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

しーる URL 2009-05-07 Thu 14:10:49

黄色が多くて、縁に赤が差す・・・というのが綺麗ですね。
蕾だけみると、絞り薔薇かな?と思ってしまいました。
グラデーションのある花は育てたことがないんですが、この配色は覚えがあるなぁと思っていたら実家の母が植えているカクテルでした。
あちらは赤が殆どなんですが。
元気が出る配色ですね。

keiko URL 2009-05-07 Thu 17:26:28

コーラルさん こんにちは~♪
私のブログにご訪問&コメントありがとうございましたv-344

チャールストン初めて見ました!
とっても華やかなバラですね。
綺麗な色です~v-352
お部屋にアイビーと一緒にいけてあるの素敵ですね。

コーラル URL 2009-05-08 Fri 05:32:17

私も、同じ様に感じていました。
カクテルも、ひらひらっと軽く咲いて、
気難しくなくていいですよね。

チャールストンも、日当たりがいい場所に植えると、
真っ赤になるようで、
陽のあたりにくい中心部が黄色く残るようです。

近所で、陽のあたりにくい玄関前に植えているお宅があって、
黄色から赤のグラデーションで咲いているのをみつけ、
暗めの場所を明るくするバラだな~って、見直しました。
花の持ちもいいので、切花にも向きます。

コーラル URL 2009-05-08 Fri 05:40:23

ご訪問ありがとうございます。
わりと昔からあるバラなんだと思います。
新しいバラ、オールド人気の今では、
あまり注目されないバラだとおもいますが、
よさを発見してしまったので、ご紹介です~。

派手なバラではあるので、
庭ではあわせにくいらしいですが・・・

花瓶に生けるのは、
ベランダでは、花が外側に向いて、こっちを向いてくれないので、
切って、室内に飾るために育てているようなものです。

アイビーは、花瓶に入れておくと、
水が汚れにくいのです。
グリーンの役目もあるのですが、
水の腐敗防止になっていると思います。
試してみてくださいね。
最後には、根っこが出ます。
そして、アイビーの葉もいきいきします。
便利ですよ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://coralpinkgarden.blog96.fc2.com/tb.php/337-26811162
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ☆ベランダでおしゃべり☆ すてきな声に惹かれて

Home > スポンサー広告 > チャールストン(F)

Home > チャールストン(F) > チャールストン(F)

チャールストン(F)

赤くて黄色い花とおもっていた。
DSC05545.jpg
そうみえるか・・・^^;
でも、咲き始めは、黄色いんです。
DSC05508.jpg

ちょっとピントがずれているけど、
光にあたったところが赤くなって、あたっていないところが黄色いまま、というのが分かりやすいので。
DSC05533.jpg

また、陽にあたってしまいました~。
DSC05536.jpg

日陰に移動するか、早めにカットして、室内へ。
赤が薄まってきます。そして、花弁少な目なので、最後はフルオープン。
違うバラのような雰囲気。
う~ん、変化が楽しいバラです。
バラさんと、私で、共同作業で生まれる花姿というところが、うれしいですね~。
DSC05546.jpg

最後は、これよりもっと開くのですが、写真、とってなかった~。また、次回に~。
DSC05559.jpg

スポンサーサイト

Comments: 4

しーる URL 2009-05-07 Thu 14:10:49

黄色が多くて、縁に赤が差す・・・というのが綺麗ですね。
蕾だけみると、絞り薔薇かな?と思ってしまいました。
グラデーションのある花は育てたことがないんですが、この配色は覚えがあるなぁと思っていたら実家の母が植えているカクテルでした。
あちらは赤が殆どなんですが。
元気が出る配色ですね。

keiko URL 2009-05-07 Thu 17:26:28

コーラルさん こんにちは~♪
私のブログにご訪問&コメントありがとうございましたv-344

チャールストン初めて見ました!
とっても華やかなバラですね。
綺麗な色です~v-352
お部屋にアイビーと一緒にいけてあるの素敵ですね。

コーラル URL 2009-05-08 Fri 05:32:17

私も、同じ様に感じていました。
カクテルも、ひらひらっと軽く咲いて、
気難しくなくていいですよね。

チャールストンも、日当たりがいい場所に植えると、
真っ赤になるようで、
陽のあたりにくい中心部が黄色く残るようです。

近所で、陽のあたりにくい玄関前に植えているお宅があって、
黄色から赤のグラデーションで咲いているのをみつけ、
暗めの場所を明るくするバラだな~って、見直しました。
花の持ちもいいので、切花にも向きます。

コーラル URL 2009-05-08 Fri 05:40:23

ご訪問ありがとうございます。
わりと昔からあるバラなんだと思います。
新しいバラ、オールド人気の今では、
あまり注目されないバラだとおもいますが、
よさを発見してしまったので、ご紹介です~。

派手なバラではあるので、
庭ではあわせにくいらしいですが・・・

花瓶に生けるのは、
ベランダでは、花が外側に向いて、こっちを向いてくれないので、
切って、室内に飾るために育てているようなものです。

アイビーは、花瓶に入れておくと、
水が汚れにくいのです。
グリーンの役目もあるのですが、
水の腐敗防止になっていると思います。
試してみてくださいね。
最後には、根っこが出ます。
そして、アイビーの葉もいきいきします。
便利ですよ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://coralpinkgarden.blog96.fc2.com/tb.php/337-26811162
Listed below are links to weblogs that reference
チャールストン(F) from ☆ベランダでおしゃべり☆ すてきな声に惹かれて

Home > チャールストン(F) > チャールストン(F)

タグクラウド
リンク
ブログ内検索
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。